灘かぶら寿し製造販売!能登、灘の美味しさをお届けするウィード能登

ウィード能登トップページへ 商品の案内 ウィード能登おすすめ商品 ウィード能登ご注文の案内 ウィード能登のつぶやき ウィード能登会社概要 ウィード能登へのアクセス案内 ウィード能登へのお問合せ
海越しに望む立山連峰
   
  富山湾上に浮かぶようにそびえる立山連峰の景観は灘浦海岸から氷見市のシンボル。このような海越しに3,000m級の山々を眺めることができる景観は、能登半島国定公園の灘浦海岸から氷見海岸一帯、高岡市雨晴海岸にかけてと、アンデス山脈を望むチリの世界遺産都市・ヴァルパライソ市の2か所を確認しており、世界でも希少な景観といわれています。    
「道の駅」いおり    
  「道の駅・いおり」は、国道160号沿いに位置し、富山湾を挟んで立山連峰が一望できる景勝の地に立地しています。湾内は日本有数の定置網漁場であり、四季の新鮮な海の幸を味わえる他、広場や海で自然を満喫できます。   レストラン「磯の香」
灘わくわく広場
多目的広場
ケビン4棟、
オートキャンプ20台
日本海側最大の定置網「佐々波鰤網・佐々波漁業協同組合」
   
  毎月第3日曜に開催「佐々波漁港いきいき市」オープン とれたて定置網の魚を販売。
漁港全体が美術館!
   
石動山石が動き、山が動く。まず最初に石が動いた。石動山縁起によると、森羅万象(宇宙に存在する数限りない一切のもの)を司る三つの石のひとつ動字石が天から降ってきた、山が揺れ動いたと伝えられる。古い石動山信仰に日本の仏教が結びつき(神仏習合)、神に奉仕する仏教徒らによって次第に寺院の形が整えられていった。最盛期といわれる中世には、360余りの院坊と3000人の衆徒を擁したと伝えられ、京都の勧修寺を本山とする勅願所として石動山の名は天下に知れ渡った。明治の神仏分離令によって解体、退転するまで、全国有数の山岳信仰の場として中部地方を中心に多くの人々の信仰を集めていた。今日でも全国135の分霊社を有し、各々の地方で篤い信仰を集めている。
   
城山(標高380m)
戦国時代に築かれた畠山氏の居城で日本有数の山岳城。国の指定史跡です。